浦和レッズ有名な選手#30番興梠慎三

興梠 慎三
こうろき しんぞう

 

浦和レッズの選手の中で、わたくしは一番好きなのは興梠慎三です。
興梠慎三は、1986年7月31日に宮崎県宮崎市出身のサッカー選手です。今、浦和レッドダイヤモンズに所属し、ポジションはフォワード(FW)、背番号は30、利き足は右足です。2005年~2012年は鹿島アントラーズに在団し、2012年限りで鹿島との契約を満了した後、浦和レッドダイヤモンズからの誘いーを受け、完全移籍しました。

日本代表として、2015年東アジアカップ、2016年リオデジャネイロオリンピック(オーバーエイジ)を出場しました。

 

以下は2017シーズン試合において興梠慎三が着たユニフォームです。

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホームはクラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用し、襟それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。新ユニフォームはVネックデザインを採用し、サプライヤーが前続き「NIKE」、右胸にメーカーロゴやクラブエンブレムは胸前に配置します。

もし、興梠 慎三が好きではなくても大丈夫ですよ。ほかのJリーグユニフォームも豊富に取り揃えています。好きな選手ネーム、背番号は自由に印刷できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です